だお的自遊 ziyou
だおの中国生活日記です。介紹一下DAO的北京生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

必見! "マントウ"&"春運"

だーれんさんのブログに紹介されていた記事からです。




これは必見です。 見ずには寝れません。 中国語の分かる方は是非見てみてください。




「一個のマントウ(まんじゅう)が引き起こした殺人事件」


「春運帝国」




有名な映画から映像の部分部分を引っ張ってきて、個人が再構成したパロディー作品です。


「マントウ」の方は昨年末に公開された「無極」(日本の真田広之・韓国のチャンドンゴンが出演、お金かかってるけどあんまり面白くないなあというのは個人的感想ですが。日本で3月公開、邦題「Promiss」)を中心にパロったもの。


「春運」は中国の春節期に帰省のため大変混雑する電車の切符をめぐる争奪戦をパロったもの。
元映像には、「マトリックス」「周星馳作品」が使われています。


日本ではよくあることですけど、中国では初めてに近い事件のようです。


著作権の問題と表現の自由営利目的があったわけではなくネット上で個人的に発表しただけなのだがそれが問題になるのか否かなどをめぐって、現在、中国マスコミで大きく取り上げられています。


また、「無極」の陳凱歌監督(作品に覇王別姫、北京バイオリンなど)がこのパロディー作品に激怒、提訴も辞さない構えとの報道も。
すでに名を立てた大監督と一庶民の対立図。


ネットメディアに育てられた世代の上の世代への反発意識。


"公式"に映画館上映された作品をパロディー化することが公認されてしまうことによるの社会への影響。


などなど、この問題がどう裁かれるかによって、最近中国で大きな話題になることが増えてきた情報公開や報道規制についての、国の見解がわかるところがあるわけですから注目されているのだと思います。




上に書いたような難しい話ももちろんあるわけですが、、内容自体はめちゃくちゃ面白い。


「マントウ」の方はファイルが重いのでまだ見れていませんが、「春運」の方は見ました。
全体のテーマの選び方をはじめとして、場面場面に持ってくる映像、ナレーション、音楽、、全てにおいてセンスが光っています。


作者は上海在住の胡戈さん(31)という方なのですが、一人で全部作ったそうです。
はっきり言って才能ありますよ、この人。ここで潰してしまうのはもったいないです。。




映像はこちらのページからダウンロード可能です。
http://it.enorth.com.cn/system/2006/01/09/001206751.shtml


法で規制されてしまうとすると、そのうち閉じられてしまう可能性がありますね。
お早めにどうぞ。


こちらをクリック 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でリンクが載っていたので、見に来ました。また見にきます。(^^)ノシ
【2006/03/10 15:36】 URL | ごろごろ #-[ 編集]
映画ネタだと、飛びつきます。

胡戈は面白いですね。
批評家も本編より面白いと言っています。

「饅頭」も是非見てください。
私はパロディが先だったので、本編を見たとき、笑ってはいけない場面で大爆笑でした。
【2006/03/12 12:54】 URL | にゃ #-[ 編集]
>にゃさん
マントウも見ましたよ~、ほんとセンスが光る内容で、わかりづらい本編のナイスな解釈には爆笑しました。
そうそう、とあるところから耳にしたのですが、おめでとうございます!
【2006/03/12 21:25】 URL | だお #-[ 編集]
レスがついていたのに本日気がつきました。
ありがとうございます。

映画の話は、とことん食いついてしまいます。

中国でのパロディー・映画の歴史ですが、表に出てきたのはここ3~4年のことです。

中国には「強力」な検閲制度が存在していたので、なかなか表に出てこなかったんですね。
インターネットの普及によって、検閲を「突破」できるようになったわけです。

(手元のメモが見当たらないので、不正確ですが)
最初に話題になったのは、2003年の「糧食」、そして2004年の「分家十月」。
これは、中央電視台の職員たちが、自分たちの春節の忘年会の余興として企画制作したもの。上司からは「自分たちだけで楽しむこと」を条件にお許しがでたのに、それがあまりにも面白いので、ネット上に流出したものです。

中国人なら誰でも知っている「抗日映画」やロシア映画「レーニンの10月」のパロディーです。

特に「分家十月」は、いい出来です。
中央電視台の組織換えに伴う、組織内の権力闘争を自ら茶化しまくっています。

ネットでまだ残っているのかしら?
【2006/03/22 19:42】 URL | にゃ #-[ 編集]

改行がうまく入らなくて、読みにくいですね。すいません。

ぱそぱそは、今ひとつ疎くて…
【2006/03/22 19:45】 URL | にゃ #-[ 編集]

コメントの投稿











トラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Silkload 2006. Make your own badge here.
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRIES

CATEGORY

www.flickr.com

个人介绍PROFILE

だお
  • Author:だお
  • 6年ぶりの中国。中国の会社で1人働く。(予定:2005/5-2006/4)
    偉大なる日本文化、ダジャレを愛しています。
  • RSS
  • 台湾留学
  • Recent Comments

  • daikubo335:(05/12)
  • pandaその1:(04/13)
  • pandaその1:(01/31)
  • まー:(07/16)
  • だお:(07/11)
  • いーちゅん:(07/11)
  • だお:(07/09)
  • LINKS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    SEARCH