だお的自遊 ziyou
だおの中国生活日記です。介紹一下DAO的北京生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

風邪ひきレビュー2 「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見」


ジム ロジャーズ, Jim Rogers, 林 康史, 望月 衛 / 日本経済新聞社(2006/01)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


いやーこの本はほんとめちゃくちゃ面白かったです。


tabyさんのブログで紹介されていて、これは!!と思い迷わずAmazon買いしました。




だおはもともと似非バックパッカーだったので、「世界一周」という言葉に弱い弱い。
その手の本は結構買って読むことが多かったのですが、この本の視点は一味違います。


内容は、1999~2001年にかけて、世界的に有名な投資家が特製の真っ黄色のベンツで、シベリアの大平原からアフリカの紛争遅滞、中国の奥地まで世界各地を駆け巡りつつ、各地の政治状況や経済発展の度合いを見極めてバンバン投資をしながら旅していくというもの。


時には何も無いところでテントを張って寝てみたり、もちろん超豪華ホテルでリゾートをしてみたり。ストイックなんだか金持ち旅行なんだか何がなんだかわからない。気の向くままに旅していきます。




~ジム・ロジャーズ略歴~(tabyさんのブログからコピペ)


1942年生まれ。イェール大学卒業後、オックスフォード大学修了。米陸軍に従事した後、ウォール街で働く。国際投資会社クォンタム・ファドを設立。10年間で4200%を超える驚異的なリターンを実現(同期間のS&Pの上昇率は50%以下)。投資の鬼才としてその名を轟かせた。37歳で引退するが、その後も自分の資産を運用するかたわら、コロンビア大学のビジネススクールのファイナンス教授、TVの司会者などとして活躍。




一番素晴らしいのは、この人の謙虚さと、世の中の先入観にとらわれない考え方。
そして自分の信念に基づいた経済の見方と投資スタイル。


ここまでお金持ちになっていたらもう何もしないでも食べていけるとは思うのですが、何でも自分の目で見て、そこに投資をして(賭けて)みないと気が済まないらしい。


普通に旅行していたら、それは個人旅行でもパックツアーでも、結局のところ珍しいものを食べて、歴史ある建造物を見て、大自然に感動して、という一過性の経験をしてその国のことをわかったつもりになってしまいがちです。


ところが、この本で述べられている内容はそこで終わりません。
その国で現在どういった政策経済方針が採られ、その結果現在こういう状態で、今後どういった方向に進んでいこうとしているのか。ひたむきに分析し、投資するべきかどうかを判断していきます。




「アメリカ人は世界の全てを分かったつもりでいるが、何もわかっていない」


黄色い特製ベンツで世界中を周ってみるという発想、無理を通して道理を引っ込ませる旅をしているところはいかにもアメリカ人!(笑)なのですが、物の見方はあくまで公平なのがいい。


そして、この旅の連れ合いは若い娘さん。なんでも3人目の奥さんになるのだそうな。。高名な投資家もこっちの方面では色々あるようで、、




うがったものの見方をせずに素直に読めば絶対に楽しめる一冊です。




この人、90年頃にはバイクでも同じこと(世界一周)をしてます。



ジム・ロジャーズ, 林 康史, 林 則行 / 日本経済新聞社(2004/03/02)
Amazonランキング:6,374位
Amazonおすすめ度:
エンターテイメント性、教養、実利の3点を併せ持つ
天才投資家ジムさんの世界観に触れてみるべし
いっしょに






日本でも個人投資ブームですね。
だおもつい最近までは「投資」と聞くと否定的な先入観を持ってましたが、この本を読んでイメージが変わりました。あっ、きたむーから本を借りたのにまだ返してない!ごめんなさい!
ベストセラーになったくらいなので読んでる人が多いと思いますが。
今頃読んでる自分が恥ずかしいくらいですが。



ロバート キヨサキ, 白根 美保子 / 筑摩書房(2000/11/09)
Amazonランキング:480位
Amazonおすすめ度:






世界一周ものの刊行物は多々ありますが、だおが好きなのは漫画家夫婦のこのマンガ旅行記。
10年ほど前の本なので情報等はかなり古いですが、絵から入れるので楽しいです。
続編もあります。



さいとう夫婦 / 旅行人(1996/04)
Amazonランキング:16,142位
Amazonおすすめ度:
旅人(憧れ含む)のバイブル。
マニアックな旅のガイド本
この一冊を読んだ後は、自分も世界一周した気分。



スポンサーサイト

コメント

早速、読んでみますね。
ここのところ、めちゃくちゃ忙しくて、本やDVDが机の上で、山になっています。
【2006/04/14 22:05】 URL | nya #bYEK.TUw[ 編集]
やー、やっぱりだおさんは面白いって言うと思ったよ。

バックパッカーパラダイス、僕も昔読んだ。面白いよね。あと、「アジアのディープな歩き方」っていうマンガも読んだ。こっちの方がちょい新しいかも。知ってる?
【2006/04/14 23:04】 URL | taby #-[ 編集]
>nyaさん
い、いや、まずはお仕事の方を優先してください。。

>tabyさん
いやいやおもしろかったよ、紹介してくれて39です。
「アジアディープ・・」読んだことなかった。そのうち読んでみます!
【2006/04/17 19:23】 URL | だお #-[ 編集]

コメントの投稿











トラックバック

バフェットとソロス 勝利の投資学

 投資・投機の2大人物をメインに置きながら実力派人物の発言をちりばめながら、「継続的」に利益を上げている人物の共通点について述べている本。 投資と投機、両行為を容認しているのが印象的です。元々人には長所短所があり、トレーダー向きの人物に長期投資を押し付け みかの記録【2007/10/13 08:33】
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Silkload 2006. Make your own badge here.
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES

CATEGORY

www.flickr.com

个人介绍PROFILE

だお
  • Author:だお
  • 6年ぶりの中国。中国の会社で1人働く。(予定:2005/5-2006/4)
    偉大なる日本文化、ダジャレを愛しています。
  • RSS
  • 台湾留学
  • Recent Comments

  • daikubo335:(05/12)
  • pandaその1:(04/13)
  • pandaその1:(01/31)
  • まー:(07/16)
  • だお:(07/11)
  • いーちゅん:(07/11)
  • だお:(07/09)
  • LINKS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    SEARCH