だお的自遊 ziyou
だおの中国生活日記です。介紹一下DAO的北京生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

十三陵、居庸関、胡同、后海

昨日はこちらを訪問中のFさんと一緒に、北京近郊の観光に出かけてきました。先日の社内旅行を除くと、恥ずかしながら初の旅行です。


朝6:00に起きて、旅遊バスの出発地点である西直門へ。
そこで声をかけられたおっちゃんと交渉して、往復1台200元(=約3700円)での包車baoche(チャーター)での観光となりました。
これは相場的にどうなのか?歩き方を見ると1台350元となっていたので、まあ安い方なのではないかと思います。(旅遊バスを利用すると、一人50元)


・明の十三陵
北京から車で1時間ほどで到着。
明の3代目の皇帝(永楽帝)から13人分のお墓があります。
今回は、そのうちの定陵に行ってきました。日本で言うと、秀吉の時代にあたる万暦帝という皇帝のお墓です。
詳しい説明はガイドブックを見て頂くとして、よくある皇帝のお墓ですので特に見所があるというわけでもありません。が、緑のあまりない北京からの脱出だったので、自然たっぷりの周囲の風景が新鮮でした。


・居庸関
昔の北京の北の関所です。よくぞこれだけ造ったものだ、という長城とセットになっています。沢山階段を上り下りしたので良い運動になりました。ひざガクガクです。


上記2箇所を周って北京に帰ってきました。
Fさんは明日朝イチの帰国なので、頑張ってまだ観光を続けます。
だけどちょっと疲れたよね、ということで、のんびりムードが漂う胡同と、北京市民の憩いの地、后海へ。





・胡同から后海(後海)へ
タクシーを降り、ぶらぶら歩きながら胡同へ向かいます。
胡同は近代化以前の北京市民の生活感が未だに残されているところ。路上でマージャン、太極拳をする人、軒先でぼーっとするおばあちゃん。


ANAのCMで長嶋茂雄さんが訪れていた所、と言えばわかるでしょうか。いわゆるひとつの、日本人観光客が中国に求めている風景が残っている場所です。



20050626155806.jpg

Copyright (C) Fさん



オリンピックの準備で徐々に取り壊しが進んでいるようですが、是非のんびりとしたこの雰囲気は残していってもらいたいと思います。






胡同を抜けると、后海に着きます。
"海"と書きますが、実際には湖です。水辺の少ない北京においては、市民の憩いの場所となっています。
北京でバーが集中ところとして有名なのは三里屯で、そこには北京在住の外国人が沢山集まるのだそうです。(自宅からは遠く、1時間ほど係るのでまだ行ったことはありません。)
その三里屯に続くバー街として、数年前から出店が相次いでいるのがこの后海周辺。こちらは、中国人の姿が多いと思います。


この后海も、片やバーあり、片やおじいちゃんや子供の姿も多くみられ、とてものんびりした雰囲気のところです。


特筆すべきは、釣りをする人に加え、泳いでいる人が沢山いること!びっくり。


20050626160341.jpg

Copyright (C) Fさん




はっきり言って、水は相当汚いです。生活排水も流れ込んでいそうだし、コレ、コレラとか赤痢とか大丈夫なんかい?と心配してしまいます。でもまあ、コレだけ暑いと仕方ないかもしれません。コレばっかりはしょうがない。


ちなみに、帰宅後テレビをつけていたら、昨日同じようなところで泳いで溺死した人のニュースを流していました。北京では、この3年で計16人の死者。しかも、そのほとんどは北京以外から出稼ぎに出てきた労働者だそうです。おそらく、風呂に入るお金もなく、こういったところで水浴びをしていたところで溺れたのではと思われます。これもまた、現在の北京の現実です。




そんな中、泳ぎ終わって堂々と家路につくおじさんを発見。
実に堂々と歩いていました。男の背中。
20050626155056.jpg

Copyright (C) Fさん



その後はバーにて、優雅な夕べを過ごしたのでした。


北京の見所はまだまだ沢山!? こちらをクリック 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿











トラックバック

中国の旅2

世界の暗黒大陸、中華珍民共和国。彼らはどんな水を飲んでいるのだろう?支那の水は飲んではいけない!! 神のいどころ【2005/06/28 01:34】
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Silkload 2006. Make your own badge here.
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES

CATEGORY

www.flickr.com

个人介绍PROFILE

だお
  • Author:だお
  • 6年ぶりの中国。中国の会社で1人働く。(予定:2005/5-2006/4)
    偉大なる日本文化、ダジャレを愛しています。
  • RSS
  • 台湾留学
  • Recent Comments

  • daikubo335:(05/12)
  • pandaその1:(04/13)
  • pandaその1:(01/31)
  • まー:(07/16)
  • だお:(07/11)
  • いーちゅん:(07/11)
  • だお:(07/09)
  • LINKS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    SEARCH