だお的自遊 ziyou
だおの中国生活日記です。介紹一下DAO的北京生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

コンビニ店員さんとの会話から考えごと。

近くのコンビニ店員(セブンイレブン)から、この間、日本語で声しかけられた。なんでも2年前まで2年間、日本の池袋で勉強していたのだそうだ。東武東上線とか、アルバイトとか懐かしい話題に盛り上がり、そのうちご飯でも食べにいきましょうかと話していたのですが、今日一緒に食事に行ってきました。




日本に行ってから日本語の勉強を始めたと話していたが、2年間でここまで話せるのなら素晴らしいというレベル。私の中国語もまあそれなりなので、私は中国語、相手は日本語という不思議な会話になっていました。


とりあえず、日本時代の生活・思い出の話に。
昼間は勉強で夜はバイトであまり自由時間は取れなかった、あんまり遊んでいない、韓国焼肉店でバイトをしていた時に日本人の友達ができた話、友人を訪ねて名古屋・京都に行った時の話、新幹線は早いけど高すぎる、といったような徒然の話題。




で、何をどう話したのか、日中の政治ばなしになってしまわれた。ああ、面倒くさいことになってきた、とは思うものの、相手のスタンス、諸事の理解度を確認しつつ話を進めていくことにした。


教科書問題の話になった。
日本は間違った知識を与えようとしているのではないか、今、日本は間違った方向に進もうとしているのではないか。


私は以下の返答。


日本は複数の教科書があって、それぞれの学校で好きな教科書を選択してもいいことになっている。問題になっている教科書はそのうちの1つ。
確かに、日本の教科書もよくない点はある。教えられている内容が少なすぎる。中学校の教科書でも第二次世界大戦について書かれているのは4ページで、そのうち日中戦争については1ページのみ。日中戦争は10年以上続き、太平洋戦争は4年間しか行われていないのに、この比重の置き方は意図的なものがあると思う。
しかし、中国では国家の決めた教科書1種類しか使われることを許されていない。日本では言論の自由があり、色んな意見を述べ、教えられることが許容されている。中国ではそれはされていないと思うのだが。


少し顔に怒りの様子が窺われたのが悲しかった。日本にいた時にも同じようなことを話したことがあるというが、その時の日本人はあなたのような意見は述べなかった、あなたは日本政府を肯定するのですか、と言う。
推測するに、その話した日本人は、おそらく政治の話なんていいじゃんいいじゃん、もしくはよくわかんない、もしくは簡単に日本が悪い、といったことを話したのではないだろうかと思う。


2年間の日本生活でも反日教育の呪縛は解けなかったのかなあ。


その原因は二つあると思っていて、1つは日本人の無知、というか知らされていない点。議論するだけの材料を持っていないこと。
もう1つは、近年の中国の徹底的な反日教育。詳しく知りたい方はその手の本を読んで頂くとして、簡単に書くと、89年の天安門事件で共産党幹部の腐敗、所得格差等においての政府への不満の大きさを知った政府は、国民の不満を別の方向にそらすために、反日教育の強化を始めた。教科書を始めとして、テレビでの反日ドラマの繰り返し放映、各地の反日記念施設の強化など。結果として、現在の10代~20代は反日意識が強く、30~40代はそうでもないという状況が生まれてしまっている。...というのが一般的な理解。
(国内問題のはけ口を日本に求め、あげくの果てにデモ発生!これだけは納得いかない)


幼い頃からの教育、刷り込みというのは簡単には抜けないもの、もしくは抜けたと思っていても無意識下に残ってしまうもので、かくいう私も、小さい頃に父親がチュンチャンチョンなどと言っていたのが頭に残っているのか、どこかで見下してしまう意識が働くのは否定できない。


終バスの時間が近づいていたので、話は途中で終わってしまった。ただ、これだけは言っておきたいと思っていて、国家と国家と、個人と個人は違うものだから、私達2人から関係がよくしていくこともできるよね、と理想論めいたことを話した。私は今の中国政府のやり方は好きではないが、少なくともあなたを含む中国人は嫌いではないから。
相手も日本時代のいい思い出しか語らなかったけど、もちろん辛い経験もしてきたのだと思う。だけど、日本人自体は嫌いにならなくてよかったよ。


次回は、相手の家までチャリンコで40分くらいなので、運動がてら遊びにいく約束をして今日は別れました。


こんどまた政治の話になった時には、中国の歴史の教科書をみせてもらうのもいいかもしれない。まだ中国のは読んだことないので。それについての議論もまた、結果的にはいいことにはつながってゆくと思う。。




中国人が偏った内容で教育されていることは確かに困るが、事実を知らなすぎる日本人も、知らないことでまた誤解を招いて悪い方向に進んでしまうのだと思っている。
留学時代に南京の虐殺博物館やハルピンの731部隊資料館などを訪ねましたが、なるほど、これだけ見せられたらそれは日本のこと嫌いになっちゃうよね、という内容でした。
相手を批判するだけではなくて、理解しようとすることがお互い必要なのであります。。


あくまでも↑は理想ですけどね。現時点では経済の関係が一番なので、そこを通じて少しずつだと思います。私も会社からの派遣できているわけですし。(笑)




注:以上は総体的に日本人と中国人を見て、また個人的な観点・知識で書いた内容です。しょっちゅうこういう話になるわけではありませんので(笑)、念のため。


ずいぶん真面目な内容になっちゃいましたね。それでは。




今日は日中から日中問題について話しちゃったよ。(実際は夕方から)




セブンイレブン派の方はこちらをクリック 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿











トラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Silkload 2006. Make your own badge here.
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES

CATEGORY

www.flickr.com

个人介绍PROFILE

だお
  • Author:だお
  • 6年ぶりの中国。中国の会社で1人働く。(予定:2005/5-2006/4)
    偉大なる日本文化、ダジャレを愛しています。
  • RSS
  • 台湾留学
  • Recent Comments

  • daikubo335:(05/12)
  • pandaその1:(04/13)
  • pandaその1:(01/31)
  • まー:(07/16)
  • だお:(07/11)
  • いーちゅん:(07/11)
  • だお:(07/09)
  • LINKS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    SEARCH