だお的自遊 ziyou
だおの中国生活日記です。介紹一下DAO的北京生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

変なあだ名/漢字の比較など、うだうだ

今日の昼休みに、同僚達のあだ名の話で盛り上がりました。
以下、男女それぞれで一番盛り上がったあだ名です。


妖妖 yaoyao →ばけもの
男性。ちょっと太めで目つきがちょっといやらしいからでしょうか。


小魔女 xiaomonv →漢字の通り
女性。見た目から想像できないハスキーボイスと、お茶目なキャラだからか?


おいおい、いいのかよそれでと思いながら聞いてましたけど、漢字の国ならではのあだ名かもしれません。中国語って、何でもストレートな表現になっちゃうと日本人は感じがちです。少なくとも、日本人の目から上に書いたような漢字のあだ名を目にすると、ちょっと言いすぎなんじゃないのという印象を受けます。これなんででしょう?


なんで日本人がそう思うかというと、漢字って表意文字だからじゃないかとふと思ったわけです。漢字一字一字には決められた意味がありますよね。日本人は書かれている漢字を読むときには、その漢字が持っている意味はなんだっけ、とまず考えてからの漢字を理解しようとします。


何というか、日本人にとって漢字は"書き・読みする時にはその漢字の意味するところを考えながら理解する言葉"、"会話の中で使う場合にはその漢字の意味するところを無意識に平仮名・片仮名に置き換えて使っている"という違いがあるような気がします。


ずばり、音読と訓読の違い、とでもいうんでしょうか。


音読の読み方は古来中国から漢字が入ってきたときの発音に基づいた読み方、訓読はもともと日本人の会話をその意味に近い漢字をあてはめた読み方。


例をあげれば、"売買"という漢字は、日本語では音読は"ばいばい"、訓読は”うりかい”という読み方をします。中国語では、"まいまい买卖maimai”という読み方をします。音読の方はどことなく中国語に近いですが、訓読の方は全く違いますよね。


では、漢字の読み方をなぜ音読と訓読で使い分けをする必要が生まれたのか??


そもそも、日本語は現在、漢字、平仮名、片仮名で構成されてますが、ご存知の通り、もともと中国から入ってきたときは全部漢字でした。


それなら、どうして平仮名と片仮名が生まれたんでしょうか?


諸説あると思いますが、一般に知られてているのはいちいち漢字を書くのは大変だから、日本語の発音に近い漢字を当てはめて、それを簡略化しているうちに今の形になったというものです。


こないだ読んだ、橋本治の「これで古典がよくわかる」(ちくま文庫)という本があるのですが、この本で解説されていた平仮名と片仮名の生まれた理由が、今までに読んだもので一番しっくりきました。


以下、拙ないながらも本の概略です。脱線するので読み飛ばしてください。




平安時代、漢字は当時の男性の世界(政治・儀式など)で使われていた言葉でした。政治や儀礼の場で用いる漢字は、文書化するので当然書き言葉になります。書き言葉で使う漢字は当然中国から入ってきた読み方(音読)になり、中国式の文章を読み下すために、書き下し文(古文の授業で習ったレ点などを付ける読み方。カタカナはこの書き下し文から生まれています。それなので、カタカナは少し機械的・作業的な感じがするのかもしれません。)が発明されました。


仕事柄書かなきゃいけない政治文書はともかく、いちいちレ点や返り点をつけながらでないと書けないこの書き下し形式の漢文を用いて、日常生活の記録なんかを残す気はしませんよね。古代の人にとってだって書き下し文で文章を書くのは大変めんどくさかったはずで、そんなめんどくさい書き方で日記なんかつける気はしません。


一方、ひらがなは平安時代の男性からみると程度の低いもので、ひらがなの立場は20~30年前のマンガ(子供の読み物という見方)と同じようなものだったと言われています。ただし、当時、女性への求愛の手段として一般的だった和歌はひらがなも交えて書く必要があり、最低限のたしなみとしてひらがなを知っている必要はありました。女性にもてたきゃ、ひらがな覚えろって感じでしょうか。男性にとってはひらがなは和歌を詠むためのものでしかなかったわけです。


そこで登場したのが紫式部や清少納言です。当時の女性にとっては、ひらがなが最も親しみやすく、また、女性がひらがなを使う(マンガを書く)分には、世間体も立ちました。そして、書き下しをしないといけない漢文とは違って、日常会話そのままの発音で文章を書けるひらがなであれば日記なんかも書きやすいですよね。そんなわけで、彼女達はひらがなで「源氏物語」や「枕草子」を書き記したわけです。


なるほどなるほど。と思ってこの本を読んでいました。ちょっと乱暴な推論はあるにせよ、面白いでしょう?






というわけで脱線しつつ、いつもながら長ったらしい文章になりましたが、つまるところ言いたかったのが、中国語の漢字は日本人にとって音読で読む方の漢字なんだねーってことです。だから、時に日本人からすると大げさに思える漢字表現だと感じられるわけです。


以下、適当にそこら辺のネットから拾ってきた漢字ですが、漢字のままと、ひらがなにしちゃうのだと全然印象違いますよね?


切实加强农村基层医疗卫生 切実加強基層農村医療衛生


しんけんにつよめていかなきゃ、のうそんのいりょうえいせい



ついつい、漢字を音読してそのまま理解しようとすると、固くて、難解な言葉に思えちゃうのです。


なので、冒頭のあだ名も、漢字の意味をそのまま音読すると、"妖怪の妖"が二つつづいてどんな化け物かと思ってしまいますが、ひらがなにしちゃえば"ようよう”なんか可愛いです。


中国人がどういったニュアンスで漢字を使ってるかはわかりませんけど、少なくとも日本人の音読的な使い方ほど重苦しく、固い意味はないんだろうと思います。このあだ名の妖妖も漢字でみるのと、発音のyouyouで聞くのだと、それだけで印象ちがいますしね。音だけで聞く分には、とても可愛いあだ名なんだろうと思える。(笑)


中国語も話し言葉と書き言葉で、同じ漢字でもやっぱり使い方が違います。その辺の理解はまだまだですけど、そのうち書けたらいいなあ、と思ってます。




今日はまた蒸し暑くなってしまった北京です。暑い日はお決まりのプールに行きました。試合が近いのか、学生が飛び込みリレーの練習してました。腹筋割れてていいなあ。。プール場のおっちゃんとは仲良くなって、いくたびに"こんにちは"と声かけられます。外人はめずらしいのだそうだ。


家に帰って、こないだ見つけたDVD"スウィングガールズ"を鑑賞。ウォーターボーイズもそうですけど、青春です!面白かった~。やっぱ楽器は一つひけた方が格好いいな、うん。
こういう、見た人(おそらく)全てが幸せな気分になれる映画はよいです。中国語字幕付きだったので、同僚にも貸そうっと。きっといい映画だった、と言ってくれるでしょ。


ふんふんとうなずけましたか? それとも、それはちょっと違うんじゃない?
こちらをクリック 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[PR] 台湾に中国語留学

【2005/08/11 23:58】 日中なんでも比較してみよう | トラックバック(0) | コメント(3) |

コメント

中国語のあだ名で、最近yongguiがつけられたもの。
“磨女”
です。
意味は、いつも“磨蹭”(ぐずぐず)して、準備が遅い“女孩儿”だからです(汗)
ホント、こちらのあだ名って直接的ですよね。
【2005/08/13 08:26】 URL | yonggui #-[ 編集]
スウィングガールズ、僕もずっと観たかったけど観てなかったんだよねー。だおブログをきっかけに、借りてきて今日観ました。うん、確かに面白いね。高畠に行きたくなりました。
夏だしね。
【2005/08/13 20:07】 URL | taby #-[ 編集]
>yongguiさん
う~ん、yongguiさんのブログを見る限りでは" 磨女"って感じはしませんけどね。。しっかりしたたかな方なのかなーと思ってました。それとメールありがとうございます、そのうちメシでも食べに行きましょう!
>tabyさん
見ましたよ、tabyさんのブログでばっちりレポートされてますね、この映画。そうそう、この高畠ってロケ地行ってみたい!日本の夏って感じが味わえそうだよね。
スイカをたらふく食べて、花火しながらビール飲んで、それからそれから、、妄想がついつい膨らんでしまったです。
【2005/08/15 13:21】 URL | だお #-[ 編集]

コメントの投稿











トラックバック

トラックバックURL
http://strobolight.blog12.fc2.com/tb.php/53-5a092b9b
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Silkload 2006. Make your own badge here.
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES

CATEGORY

www.flickr.com

个人介绍PROFILE

だお
  • Author:だお
  • 6年ぶりの中国。中国の会社で1人働く。(予定:2005/5-2006/4)
    偉大なる日本文化、ダジャレを愛しています。
  • RSS
  • 台湾留学
  • Recent Comments

  • daikubo335:(05/12)
  • pandaその1:(04/13)
  • pandaその1:(01/31)
  • まー:(07/16)
  • だお:(07/11)
  • いーちゅん:(07/11)
  • だお:(07/09)
  • LINKS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    SEARCH